×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宗派・寸法・・・仏壇を分類する

彦根仏壇〜現場の小箱〜
彦根仏壇ができるまで
彦根仏壇を分類する
彦根仏壇と職人と仕事の用語集
HomeBlog

日本の「宗派」と、彦根仏壇

日本にはどれだけの「宗派」があるのか

日本に現存する主な仏教宗派の数は160程度です。

彦根仏壇が多く扱う宗派

浄土真宗の各宗派は、彦根仏壇のように漆塗り・金箔押しされた「金仏壇」が主流で、「仏壇」に宗派としての規格を厳しく適用する傾向があります。

彦根は浄土真宗の本山が集中する京都に近いことから、彦根仏壇は浄土真宗各派の仏壇、中でも真宗大谷派(お東)、浄土真宗本願寺派(お西)の仏壇が比較的多く作られています。


私は◎印の仏壇を多く組立て、○印の仏壇も組立てた経験がありますので、これらの宗派については詳しい説明ができると思います。

宗派の名称 本山
浄土真宗 真宗大谷派(お東) 東本願寺
浄土真宗本願寺派(お西) 本願寺
真宗高田派 専修寺
真宗佛光寺派 佛光寺
真宗興正派 興正寺
真宗木辺派 錦織寺
真宗出雲路派 毫摂寺
真宗誠照寺派 誠照寺
真宗三門徒派 専照寺
真宗山元派 證誠寺

各宗派の仏壇の特徴

どの宗派の家が多いかについては大きな地域差が存在します。そのため、どの宗派の仏壇を多く取り扱うかも、仏壇店によって異なってきます。
ここでは、左のリストの中で、私が組み立てた経験のある宗派に絞り、その特徴を説明していきます。

真宗大谷派(お東)

お東の仏壇は小柱、半丸が黒塗りで、宮殿が切れ桝・二重屋根になっているのが特徴です。

お東の仏壇

浄土真宗本願寺派(お西)

お西の仏壇は小柱、半丸が金箔押し(金粉蒔き)されており、宮殿は通り桝・妻屋根になっているのが特徴です。

お西の仏壇

真宗高田派

真宗高田派は半丸の裏に巻龍を立て、ご本尊の前には唐戸を備えています。
台輪は門徒の仏壇よりも背が高く、上2杯、下3杯の引き出しを備えています。

高田派の仏壇

浄土宗

浄土宗は下台輪の引出し3杯が深くて大きく、雨戸を閉めても出し入れできるようになっています。
「浄土宗の仏壇」としていますが、この形のものは真言、天台、禅系の各宗派に使うことができます。
これらの宗派も仏具には違いがあります。

浄土宗の仏壇